在宅医療について

在宅医療について

外来通院、入院中の患者さまで次のような場合にご相談ください。
  • 病状の進行に伴い身体を動かす機能が低下や疼痛のため、通院が困難になってきたとき
  • 入院中の方で、在宅医療を希望され退院後も医療的処置が必要なとき
  • 在宅で医療機器の管理が必要なとき
  • ご自宅で緊急時の往診体制が必要なとき
  • 患者さまが最期は住み慣れた自宅で過ごしたいと考えているとき
  • その他

電話でご連絡のうえ情報提供書を送って頂ければ当院の在宅療養担当看護師が病院へうかがい患者さま、ご家族の希望を確認した上で在宅医療への準備を進めさせて頂きます。

急ぎの場合や、在宅療養が可能か否か不確かな場合にはまずご一報頂ければ当院在宅療養担当看護師が訪問し在宅医療について説明いたします。

当院では入院中から退院後の生活をイメージし、患者さまの自己決定を尊重しながらスムーズで安心できる在宅医療への移行を目指し、「早期退院連携ガイドライン」の活用を推進しています。


栄養管理(点滴管理、中心静脈栄養の管理、経管栄養管理、胃ろう管理)

排泄管理(膀胱留置カテーテル、人工膀胱の管理、人工肛門の管理)

呼吸管理(在宅酸素療法、気管切開部の処置、人工呼吸器の管理)

褥瘡管理(褥瘡の予防と管理)

癌の管理(麻薬による疼痛管理、PCAポンプ使用による疼痛管理、在宅ターミナルケア、前立腺がんなどのホルモン療法)


菅原内科クリニックへのお問合せ
© 2010 Sugawara Naika Clinic